神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

お腹は焼き餅でなく樽。呼吸ワークショップ

" 呼吸 "

2018年11月17日

久しぶりの更新です。

 

9月に開催した第2回呼吸ワークショップの報告です。

 

テーマは「横隔膜の解放」

 

40代、50代、60代の女性4名が参加してくださいました。

 

呼吸をする時に横隔膜が使われていることは、何となく耳にしたことがあると思います。

 

では横隔膜はどこにあります、と聞かれたらどこを指しますか?

同じ質問を参加者全員に聞きました。

 

皆さん、この辺りかな?とお腹のあたりを触れていました。

 

横隔膜はお腹側だけではく、体の側面、背中側にもドーム状に付着しています。

なんとなくお腹かな?と言うことは、背中や脇への意識が弱いとも言い換えられます。

 

その状態で、無意識に呼吸をしていたらお腹で吸う・吐くことに体は慣れてしまいます。

 

結果的に使っていない部分の背中や側面の動きが悪くなり、筋肉も硬くなります。

それにより、背中のコリや手足の緊張、胃腸症状など色々な所に影響を及ぼします。

体重はあまり変化していないのに、太ってるように見えたり、下腹部がポッコリする原因にもなります。

 

今回は3種類のワークを通して背中や側面の感覚を養いながら、横隔膜の解放を体感していただきました。

 

 

ワークを一つ一つ終えるたびに、「背中や脇に息が入る感じがある」「こんな呼吸の仕方今までしたことがない」「背中が丸くなってもいいんだ」など、それぞれ気づきがありました。

 

横隔膜の解放された状態は、焼き餅みたいに片面(お腹)だけプクーと膨らむのではなく、樽の形のように膨らむ感覚があります。

呼吸だけでなく横隔膜の解放は手足の緊張、関節の力みが抜ける、重心がぐーっと下がり地に足が着く感覚なども味わうことができます。

一般的に言われている体幹も安定します。

 

参加してくださった方の声を紹介いたします。

 

 

 

今回、呼吸のワークショップに参加しようと思った理由を教えてください。

・2回目ですが、使っていなかった身体の部分を認識しなおし、未来への?!可能性を感じたので。

・前回、呼吸ワークショップで呼吸の仕方に気づきや変化を感じたので。

・呼吸の大切さを耳にしたことがあって詳しく学びたいと思いました。

 

●今回のイベントから何か得られてこと、感じたことを何でも良いので教えてください。

・背面も私の一部であり大切な役割を任っていることにありがたく想いました。

・自分が思っていた事とは違ったアプローチでおどろきました。とても楽しかったです。一見、呼吸と関係なさそうなことが。

・本来の呼吸の仕方がわかりました。今までと真逆の仕方をしていたことにビックリ!

 

●参加してみて、何かお体の変化がありましたら何でもいいので教えてください。

・重心がぐうと下がりやっと地に着いた人生が送れる気がしています。

・身体が軽く、でも地に足を着けて立っている感覚を味わえました。

・体がリラックスして、全体に血流がよくなったのを感じます。立った時、地に足がつく感じ、重心が下になっていたことを体感しました。

 

僕もそうですが、ラジオ体操の最後にするような大の字で胸を広げるような深呼吸が、当たり前だと思っていました。

今までの思い込みを覆すことで、こんなに体って変わるんだ!ってことに気づけたりします。

 

参加してくださる方が呼吸ワークショップを通じて、心身ともにたくさんの“気づき”があり、より豊かな人生になるよう毎月開催しています。

 

次回の呼吸ワークショップのご案内

11月25日(日)13:00〜14:30

お腹の癖(エラー)を正常化させ、普段の呼吸がうんと楽になる呼吸法

参加費:5,000円

定員3名:残席1名

ワークショップ参加ご希望の方は電話またはLINEからご連絡ください。

ご予約お待ちしております♪

 

はり灸アロマえんじゅ 046−874−9602

【LINEからのお問い合わせはこちら】

 

この記事を書いた人

21歳の時に、はり師・きゅう師資格取得

4年間神奈川の整骨院や鍼灸院で勤務した後、北海道にある鍼灸専門の治療院で修行。

修行の傍ら、パートナーと出会い2人でお店をすると決め神奈川に戻ってくる。

2017年1月に、はりきゅうアロマえんじゅをオープン。

 

鍼灸だけでなく整体や呼吸にも興味を持ち、毎月勉強会に参加中。

カテゴリー: 呼吸. タグ: , .
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ