自律神経失調症でのお悩みを鍼灸・アロマトリートメント・自律神経整体でトータルケア

自律神経失調症

 

自律神経失調症

疲労感・胃腸のトラブル・不眠・不安感・息苦しさ》

 

今までできていた当たり前のことを当たり前にをモットーに。ぐっすり眠れる、美味しく食べられる、遊ぶ、仕事するなど。症状を改善していくことは通過点、その先にある日常を見据えて、その場だけでない日常を軽く楽に過ごせる体づくりを鍼灸と整体でサポートいたします。

 

コースのご案内

 

初回鍼灸トライアルコース(初診料込

 

 

鍼灸治療・自律神経トータルケア
 

姿勢、呼吸、歪み、コリを見ていきます。

ハリは頭やお顔、背中などのツボに。お灸の心地よい温かさは自然と緊張が緩んでいきます。整体での頭や内臓の調整は、気持ち良く副交感神経の働きが良くなり、眠くなる方や全身がポカポカする方が多いです。

 

 鍼灸治療50分
7,000円  

 
 
鍼灸と整体をそれぞれしっかりと味わいたい方。一度の変化をより高めたい方へ。また、お悩みやご希望に合わせ呼吸レッスンを体験することもできます。
 
 鍼灸トータルケア80分 11,000円  

 

 

施術に加え、深い落ち着き、軽やかな体、心身の安定など、なりたい自分に合わせた呼吸レッスンを集中的にするコースです。ご自分でも再現できるようレクチャーいたします。

 

 鍼灸トータルケア110分 15,000円  

 
 

 

お客様の声

 

M・Kさん
50代 女性
葉山町

以前から頭痛に悩まされていました。

また1年ほど前から疲労感が取れず困っていたのですが、年のせいかと諦めてもいました。

 

そんな時に友人からえんじゅさんを紹介して頂き、鍼灸治療を受けさせて頂きました。

先生に鍼をして頂くとすぐに頭の痛みが消えていき驚きでした。

それに治療中にはぐっすり眠ってしまい気づくと終わっていました。

 

鍼を続けていくと深く眠れるようになり、身体も以前より軽くなり、朝起きるのがとても楽になりました。

 

先生がいつも優しくお話しを聞いて下さるのも私の心の癒しになっています。

 

年齢を重ねていくからこそ、体のメンテナンスが必要だと実感し、定期的に通わせて頂いております。

 

これからも元気で健康に過ごしていきたいので、どうぞよろしくお願い致します!

 

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

A・I
女性 30代
横浜市

 はじめの受診のきっかけになっていた「体の痛み」の症状は、何度か施術を受ける間に気づいたらなくなっていたという感覚でした。

 ふだんの生活にかえったとしても、静かに、でも確かに自分の心身が心地よい方向へ変化しているのを感じ続けることができました。

 

 忙しない日々の中で、自分でも意識しないうちに体のいたるところに無理な力がかかっていることにまずは気づくことを教えていただき、自分の戻る中心・深い呼吸ができる楽な身体の状態を覚えられるよう、集中的に通院したことはとてもよかったように思います。

 

また、先生とお話をする中で、自分の状態を客観的に見つめることもでき、心の整理が少しずつ進むようにも思えました。痛みで受診し始めたはずが、気持ちの面でも大きな変化があり、少しずつではありますが以前より心を楽に日々を過ごせるようになっています。

 

本当にありがとうございました!

 

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

匿名
42歳 女性
葉山町

甲状腺機能低下症で、身体のだるさや、気力が湧かない日々に悩んでいました。

 

鍼灸は初めてでしたので最初は少し怖かったのですが、最初の施術のあとに、視界が急に明るく鮮やかになったのを覚えています。

 

今は、ぼんやり膜がかかっていたような生活から抜け出して、病院にも通院しつつですが、おかげさまで元気に楽しく活動出来る様になりました。

 

※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

 

 

 施術の流れ  

①カウンセリング・現状の確認

 

現状をお伝えいただき、ご自分がどういう状態なのか、どうしていくと良いか共有していきます。
不安なことや質問などがありましたら遠慮なくお伝えください。

 


   

②検査・施術のご説明

 

カウンセリングの内容をふまえ、実際にお身体の状態を診させていただき、その日の施術内容を決定します。

 


   

③施術

 

通常はうつ伏せ、仰向けで施術をいたします。鍼灸と整体を組み合わせ、その日一番適した施術を行います。

 


   

④アフターカウンセリング

 

施術後お身体の変化をご確認いただき、通院ペースのご提案や、日常を送る上でのアドバイス、セルフケアなどについてお伝えしております。

 


 

ご不明な点などがありましたらお問い合わせ下さい。

 

 

 

自律神経失調症の詳しい解説

 

 

このようなことでお悩みでありませんか?

・症状はあるのに、病院や検査で異常無しと言われ、原因が分からない。

・寝ているのに、日中も眠たくなる。仕事や日常生活で集中力が続かない。
・常に感じる重だるさで、思うように体が動かない。
・出来ることなら横になっていたい。

・突然、襲ってくる不安感。それに伴い、動悸や息苦しさを感じる。
・食欲が湧かない、美味しくご飯を食べられない。
・常に、胸や喉が詰まるような感じもある。
・運動したり、食事を見直しても中々良くならない。

 

自分でも色々調べたり、ケアしたり頑張っている。

 

でも、思うような結果が出ない。

 

余計に不安で、落ち込む。

 

そして精神的、気持ちの問題と言われる。

 

『果たして、心の問題だけなのでしょうか?』

 

人は今の現状や原因、この先どうなるか分からないと不安になります。

 

症状は出ているのに原因不明、検査で異常無しと言われれば、どうすれば良いのかと思いますよね。

いっその事、何か病名を診断された方が良い、と思う方もいらっしゃると思います。

 

大丈夫です。必ず”身体”に原因が隠されています。

 

数値の正常・異常では、測れないこと。

 

それは全体が調和されているか。

 

診るのは症状や数値でなく、あなたの”身体””呼吸”です。

 

自律神経失調症の特徴と症状

自律神経失調症の特徴として挙げられるのは、基本的に身体の症状がメインで専門病院(脳神経外科、胃腸科、整形外科など)での検査の結果、異常なしと診断されることです。また一つの症状というより、複数の症状が同時にでること、人それぞれ症状や度合いが違うということです。

病院での一般的な対処法

病院を受診すると一般的な対処法として、

  • 薬物療法・・・不安が目立つ人には抗不安薬や抗うつ剤、睡眠の場合は睡眠導入剤など。症状に対しての処方なので、症状が多いほど薬の量も増えます。
  • 生活療法・・・ストレスを溜めない環境、食生活や運動習慣の見直し。
  • カウンセリングや運動療法
    など

 

<p>ほとんど内服薬や生活習慣の指導で、経過観察することが多いです。

しかし自律神経失調症で、病院での適切な治療や指導を受けたり、ご自身で色々身体のケアを試みても、症状が改善しないケースがあります。

 

それはどうしてでしょうか。

 

自律神経失調症の原因

【体と心のストレスです】

 

体に負担になるもの・感じるもの全てです。それでは私たちが日常で感じているストレスとは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

①精神的ストレス

対人関係・環境(職場・学校・家庭など)精神的に嫌だと感じることすべて。

 

②構造的ストレス

ケガ・病気・身体の緊張・身体の歪みなど、身体に直接的に起こるもの。

例:どこか痛い、身体が動かしずらい、口内炎ができるなど。これをストレスのカテゴリーに入れる方が少ないです。

 

③科学的ストレス

栄養不足・添加物・化学物質・アルコールなど。体内で化学反応を起こすもの

例えば、1日にコーヒーを何杯も飲むのは精神的には落ち着くけど、肉体的にはストレスになってくる。

 

④温度・湿度のストレス

寒暖の差・湿度の高さなどに身体が反応することで起こるストレス

例えば、梅雨時期のジメジメしている時の状況。前日との気温差が10度ぐらいあった時など。

 

 

これらのストレスは日々生活を送っている中で自覚しているものもあれば、知らず知らずのうちに蓄積されているストレスもあります。

 

個人差はありますが、自分が許容できる範囲100だとすると、100を超えれば不調や症状として現れてきます。

例え許容範囲内でも、ギリギリになると身体が重い、疲れが抜けにくいなど不快な状態にもなります。

 

精神的ストレスが半分の50だとしても、他のストレスが50蓄積されれば体に影響が出てきます。そのようなことから、自律神経失調症は色々な要素が絡み合い複合的に見る必要があります。

 

自律神経失調症のプロセス

突然、自律神経失調症になることはありません。必ずそこに至るまでのプロセスがあります。

なぜ当院で、自律神経失調症に対応することができるのか?

自律神経失調症特有の呼吸の癖動きの癖などにも対応できるからです。

 

自律神経失調症は精神的なものだけでなく、身体の問題が大きく関与しています。

 

自律神経失調症の方は過緊張状態が続き、力を抜きたくても抜けない状況です。まず副交感神経が働きやすい状況を作り、体感としてリラックスとはこういう状態なんだと認識するところからです。

 

以下の4つの視点から、自律神経の働きを整えていきます。

 

1、身体へのアプローチ

自律神経を総管理している“脳幹”や副交感神経と大きく関わりがある“迷走神経”が働きやすいように施術していきます。

 

これらはうなじのコリ頭蓋骨の動きの低下お腹や背中の緊張により機能や働きが低下します。

 

整体による頭蓋骨、内臓の調整は気持ち良く、副交感神経の働きが良くなることで、眠くなる方や全身がポカポカするといった反応が出ることが多いです。

 

鍼で手では届かない深部の筋肉への直接アプローチ、頭やお顔、背中などのツボ、お灸の心地よい温かさで緊張を緩めていきます。

 

また自律神経失調症の方は、やや交感神経が優位状態ですので、ソフトな気持ち良い刺激もあれば、あえて活性化させるような刺激も入れ、上がれば下がり、下がれば上がると言った体の原理を使い自律神経のバランスを整えたりもします。

 

 

2、呼吸へのアプローチ

1日に2〜3万回している呼吸。呼吸状態から身体の現状や、これからの状態が大体把握できます。呼吸の乱れは筋肉、関節、神経、循環、内臓、皮膚と全身に影響を与えます。呼吸は自律神経で唯一コントロールすることができ、呼吸を整えることは改善への確実なアプローチになります。

 

自律神経失調症の方は呼吸が浅い方が多く、まずは深く、気持ち良い呼吸ができる身体に整えていきます。

 

施術だけでなく、日常の呼吸や呼吸を整える体操、約10種類の呼吸法から、あなたにピッタリのものチョイスしてお伝えします。呼吸が安定することで、精神や自律神経やればやるだけ変化します。

 

 

3、カウンセリング

身体の症状がメインですが、症状は良くなるのか、ストレスフルな生活、当たり前にできていたことが出来ないなど、精神的にもお辛い状況かと思います。自律神経失調症は多角的視点が大切です。カウンセリングでストレス、環境、性格、気質、生活習慣など把握しながら、あなたの生活スタイルに合うアドバイスをいたします。

 

 

4、日常の見直し

自律神経失調症に限らず、日常が大事というのは誰しも想像つくと思います。

しかし多くは、ストレスを溜め込まないように、適度な運動、食生活の見直しなど、どれも抽象的なアドバイスです。

当院では、カウンセリングや検査、施術で得た情報を元に、具体的に姿勢や動き、呼吸の癖、日常のアドバイスをしております。またそう言った観点から症状だけでなく、体質改善まで対応でき、日常生活を楽に、心地よく過ごせるところまでサポートしております。

 

以上が、当院で自律神経失調症に対応できる理由です。

 

環境、性格、気質、生活習慣など、お一人お一人、唯一無二のストーリーがあります。

症状でなく、あなたと向き合い施術やケア、アドバイスいたします。

 

メニュー・施術料金のご案内

※価格は全て税込価格で表示しております
※免責事項 効果効能には個人差があります。

 

初回鍼灸トライアルコース(初診料込