神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

呼吸を整えたことで起きた体の変化

" 呼吸 "

2018年9月13日

前回、呼吸を学んだ理由、伝えている理由について書きました。

 

なぜ私は呼吸について学び、伝えようとしているのか?

 

では実際に呼吸、(日常の息づかいの質)を整えたことで、私自信どう体が変化したのか書きます。

 

これから呼吸ワークショップに参加される方、参加しようと迷っている方は参考にしてみてください。

 

呼吸を学ぶ前の状態(頭と体)

当時は自分の体は健康だと思っていましたが、体が変わったことで気がつきましたが実はちっちゃい不調がたくさんありました。

 

・腰痛…高校生の時にヘルニアと診断され、数ヶ月に1回決まった場所に強い痛みと足のシビレ

 

・肩こり、頭痛…開業してから施術だけでなく事務作業をすることが多くなりました。おかげで目の疲れによる後頭部、目の奥の痛みと頭痛。

 

・鼻炎…中学生頃から慢性鼻炎があり季節の変わり目には必ず、何しても止まらない鼻炎に悩まされていました。

 

・食べ過ぎ…昔から異常に甘いものが好きで、一度食べたら止まりません。だいたい次の日は体(特に足)が重だるく、やる気も低下していました。

北海道での一人暮らしの時、一晩で食べて朝起きたらニキビが出来てました。

 

・下腹部ポッコリ…周りからは痩せてるね、細いねと言われますが、下腹部だけはいつもポッコリしていました。自分の中で勝手に胃下垂と決めていました。

Before:北海道でマラソンに出る前に撮った写真です。(3年前)

 

・極端な集中…普段はのんびり、マイペースに仕事やプライベートを過ごしていますが、急にスイッチが入り自分が納得するまで、眠くても体が辛くてもホームページ作りや趣味の物件探し?をしていました。言うなれば、試験前日に焦り徹夜で勉強する学生みたいなことがありました。

 

こんな感じで以外と不調があったのですが、長年付き合っていると自分の中でこれらがあるのが普通で、不調が時折起こることが当たり前になってしまっていました。

 

不調を解消するために呼吸を学んだのか?

前回の記事に書いたのですが、本当の自分を知りたく呼吸を学んでいます。

 

そもそも呼吸を学ばなければ不調を不調と認知していないので、治そうと思っていませんでした。

 

その分、「治そう」「良くなりたい」という気持ちが少なく、変な力みを起こさずできたのかもしれません。

 

呼吸を学ぶと、自分の体に意識を向ける機会が多くなります。

今までは痛みが出た段階で「休もう」、「何か対策を取ろう」と考えていました。

この考え方でも一応、問題なく生活してきました。

 

でも呼吸を整え、体からのサインを痛みや不調が出る前段階で気がつけた時、こんなに楽に生活を送れるんだと感動します。

 

呼吸・整体の森田先生の言葉をお借りして、

「あっ、ヤバイ、ちょっと休もう」をひたすら繰り返しています。

 

 

「あっ」は気づきです。

例えば、ずっと座りながらデスクワークしていたら、腰の違和感や目が疲れてきたなって気づきますよね。これが気づきです。

 

「ヤバイ」は認知です。

目が疲れた、腰の違和感は体が疲れたって合図しています。これを受け取るのが認知です。

 

「ちょっと休もう」は行動です。

体が疲れたと合図をし、受け取ることができたのであれば休めばいいのです。これが行動です。

 

言葉にすると疲れたら休めばいいのねと、簡単そうですが意外とできないんです。

特に不調体質の方は、気づき、認知の機能が低下しているので、ある程度症状でないと休みません。

 

・疲れたと分かっていても、目の前の仕事や育児に追われ休めない。

・このぐらいの症状なら大丈夫と、認知する機能が低下し強い痛みでないと認知しない。

・疲れたことさえも分からず、がむしゃらに仕事や家事をしている。

 

ここでいう休むは1日仕事を休むではなく、まず座って腰が辛いなら1回立つや足を組みなおしたり、目が疲れたなら10秒ぐらい画面から目をそらし、目をつぶるだけで良いです。

1〜2回するだけでなく、とにかく体と相談しながらやり続けます。

 

本当に辛いなら仕事を休む、それでも辛いならマッサージや鍼灸に行って楽にしてもらう、時には薬を使う時も必要です。

 

呼吸を整えた結果

呼吸を学び1年過ぎましたが、症状が出る頻度が格段に下がりました。

それは症状が出る前兆に気づけたからです。

 

腰痛が出るまでを観察してみます。

 

必ず腰に痛みが出る前に右太ももになんとも言えない痛みを感じ、放置しとくと腰痛がでます。

 

さらに細く観察してみると、太ももの痛みの前に右足全体がだるくなります。

 

どんなことをしたあとに右足がだるくなるか?

車やバイクの運転した後にでます。

 

では、運転している時の姿勢、運転の仕方はどうか?

同じ姿勢で運転していると、足の指先や太もも、腰などに違和感を感じます。

バイクを運転している時は、グリップをぎゅーっと強い力で握っています。

つい運転することだけに意識がいくと、体の違和感が感じにくくなります。

こんな感じで腰痛が出るまでのパターンを書きましたが、今までは腰痛しか見てませんでしたが、そこに至るまでの過程を知るとどうしたら腰痛になりにくくなるのか分かります。

 

これも腰痛を良くするためにしたのではなく、あくまで自分の体がどうなっているのか?呼吸は乱れていないのか?を細かいところまで追求しただけです。

で、結果的に症状が良くなっていた、出なくなった、というような感じです。

これについては養生と治療の違いについて、今度お伝えします。

 

他にも、胃下垂と思っていた下腹部がいつの間にか凹んでいたり(元の位置に戻る)、鼻炎も落ち着き安心して施術に入れます。また久しぶりに会う人には、なんか雰囲気変わりました?と聞かれます。

after:現在

 

Before:3年前

 

ダイエット目的ゼロで、運動もしていませんし、体重も同じです。

お腹がポッコリとでる原因を減らしていくと、内臓が元の位置に戻り、お腹の出っ張りが以前よりなくなりました。

 

なにか目的を持ってしているわけではありませんので、このように症状や見た目が変化するのはオマケです。

 

それより心身ともに楽に過ごせる日が多くなったことが嬉しいです。

 

人それぞれ健康の捉え方が違いますが、一生健康でいたい、常に症状ゼロでいたい、というのは現実的ではないと私は思います。たまには風邪ひいたり、仕事が忙しければ肩がこる。暴飲暴食で胃がおかしくなるかもしれません。

 

でも、また元通りになれる体、いわゆる自然治癒力が働いて楽になれば、それで良いと私は思っています。

 

あれ食べらたダメ、お酒飲んだらダメ、youtube見たらダメ、何でもダメダメと禁止されていたら、ストレスは溜まり、人生つまらないじゃないですか。

 

楽しむときは楽しみ、休めるときは休める。メリハリ大事です。

 

後は同じ行為をしていても、体に最低限の負担になるよう「あっ、ヤバイ、ちょっと休もう」を実行し、より理解しやすいために呼吸というフィルターを通します。

 

私が教わり実践してきたことを、呼吸ワークショップでお伝えしていますので、興味ある方はご参加ください。

 

呼吸に興味ある、自分でも自分の体を良くしたい、体質改善したいと思っている方にオススメです。

 

すぐに実践できるワークや調整法をお伝えしています。

 

9月16日(日)呼吸ワークショップ「横隔膜の解放」

時間:13:30〜15:00

参加費:5,000円

定員4名※残1名

 

9月23日(日)呼吸ワークショップ「自然な呼吸とは?」

時間:10:00〜11:30

参加費:5,000円

定員4名※残3名

 

●前回の呼吸のワークショップの様子

呼吸ワークショップ(初開催)。自然な呼吸を体感していただきました。

 

【参加申し込みフォーム】

https://ws.formzu.net/fgen/S38303509/

 

【LINEからのお問い合わせはこちら】

 

 

この記事を書いた人

21歳の時に、はり師・きゅう師資格取得

4年間神奈川の整骨院や鍼灸院で勤務した後、北海道にある鍼灸専門の治療院で修行。

修行の傍ら、パートナーと出会い2人でお店をすると決め神奈川に戻ってくる。

2017年1月に、はりきゅうアロマえんじゅをオープン。

 

鍼灸だけでなく整体や呼吸にも興味を持ち、毎月勉強会に参加中。

カテゴリー: 呼吸. タグ: , .
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ