神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム

近視・遠視・乱視

近視、遠視、乱視とは?

近視、遠視、乱視は、いずれも「屈折異常」のひとつとされています。人間の目は、カメラのオートフォーカス機能のように遠くや近くのものに焦点を合わせるピント調節機能があります。

調節機能が働いていない状態で遠くのもののピントが網膜に合う場合が正常な眼とされており、それを「正視(せいし)」と呼んでいます。

 

正視

 

しかし、同じ調節機能が働いていない状態で遠くのものを見たとき、なんらかの原因で網膜にピントが合わず、「焦点が網膜の手前や後方にズレる」「焦点が合わずものがぼやけて見える」など見え方をすることがあります。これは、それぞれの焦点に違いがあるからだと考えられています。ただ、同じ屈折異常のため治療のベースは「焦点を網膜に合わせること」とされています。しかし、焦点に違いがあるため治療内容はそれぞれ異なります。

近視

調節機能が働いていない状態でものを見たとき、網膜の手前に焦点がくると近視とされています。

 

近視

原因は症状の重度で異なる

重度の場合は遺伝要因の影響を大きく受けている可能性が高いと考えられていますが、軽度の場合はパソコン操作や薄暗い環境での読書など、生活習慣による環境要因で発症するケースが多いといわれています。人によっては遺伝要因と環境要因の両方が関与しているケースもあります。また、近視の症状に加え、明るいところで見えにくいなどの症状がある場合、白内障が原因となっている可能性も考えられます。

症状は見え方だけというケースがほとんど

遠くにはピントが合いにくくぼやけて見えますが、裸眼の状態で近くがよく見えるのが近視の主な症状とされています。遠くのものも近づくほどピントが網膜に合いやすくなるといわれています。

治療は点眼薬が一般的

眼には毛様体筋というピントを調節する筋肉があり、毛様体筋が緊張して水晶体を膨らませることで近くがよく見えるとされています。つまり、近視は毛様体筋が緊張状態にあるということです。毛様体筋の緊張が長時間続くと近視の症状が悪化する可能性が高まります。近視が進行してしまうと回復が難しいといわれているため、早い段階で毛様体筋の緊張をやわらげる治療を受けるのが望ましいとされています。毛様体筋の緊張の弛緩には、調節麻痺剤や調節改善剤の点眼薬が有効とされており、点眼薬を用いた治療を行う眼科がほとんどです。場合によっては、凹レンズのメガネやコンタクトレンズで矯正するケースもあります。近年では、視力改善が見込め、痛みも少ないとされるレーシック(レーザー屈折矯正手術)も増加傾向にあります。

遠視

ピントを調節する機能が働いていない状態のとき、遠くのものを見ると網膜よりも先の後方に焦点がくると遠視とされています。

 

遠視

原因は遺伝要因の可能性が高い

生まれつきピント調節に関連する角膜や水晶体の屈折率が低いことも遠視の原因のひとつとされていますが、ほとんどの場合、眼軸(角膜から網膜までの眼の長さ)が短いことが原因といわれています。屈折率や眼軸については後天的な原因で起こる可能性が低いことから、遺伝要因の影響が大きいと考えられています。

見え方に加え、身体症状が起こることがある

「遠くが見えやすい」と思われがちな遠視ですが、本来は近くだけでなく遠くも見えにくいといわれています。近くと遠くのどちらの場合にもピントを合わせる必要があるため、常に調節機能を働かせており、目が疲れやすいのも特徴のひとつです。また、人によっては頭痛や肩こりなどの身体症状や、夕方以降に新聞や本の文字が見えにくく感じることがあります。

治療は矯正用レンズが一般的

 

遠視は、ものをはっきりと見るために過剰な調節をしてしまうため、放っておくことで内斜視や弱視を招く可能性があります。遠視は眼軸が短いため、近視とは逆の凸レンズのメガネやコンタクトレンズを使用して矯正を行うのが一般的です。条件が合えばレーシックなどの手術による治療となるケースもあります。

乱視

乱視は、焦点が1つにまとまらない状態とされています。

原因のほとんどが遺伝要因

角膜と水晶体が歪んでいることが大きな原因といわれており、ほとんどが生まれつき歪んでいるケースだといわれています。そのため、乱視は遺伝要因の影響が大きいと考えられています。しかし、角膜の病気などの後天的な原因によって乱視となる可能性もあります。

症状は多重に見える以外にも眼精疲労がある

乱視は、一般的にものが2、3個重なっているかのように見えることと思われていますが、大きく分けると3つの見え方があるといわれています。

 

直乱視

乱視の中でもっとも多く、縦(上下)方向ははっきりと見えるが横(左右)方向がぼやけて見えるといわれています。

倒乱視

 

直乱視の次に多く、横方向がはっきりしているのに対し、縦方向がぼやけて見えるのが特徴とされています。

斜乱視

もっとも少ない斜乱視は、ものが斜めに歪んでいるため全体的にぼやけて見えるのが特徴といわれています。

この3つの見え方の場合、眼精疲労をともなうケースが多く、眼痛や頭痛を感じやすいといわれています。

治療は重度によって異なる

軽度の乱視の場合、治療が必要ないと判断されることがありますが、眼精疲労につながる可能性もあるため、補正レンズで矯正するのが一般的です。ただし、病気による不正乱視の場合は、矯正しても完全に治すことが難しいとされています。

 

近視、遠視、乱視の予防法と生活上の注意点

生まれつきの場合は予防が難しいですが、生活習慣などの後天的な原因であれば近視、遠視、乱視を予防できる可能性があります。

共通する予防のポイント

「目を疲れさせない」ことがもっとも重要なポイントです。目の疲れを感じた場合、目を閉じて休めたり、遠くを眺めたりするだけでも疲労回復効果が見込めます。また、目の周辺を蒸しタオルなどで温めて血行を改善することで疲れが軽減でき、予防につながるといわれています。

気をつけたい生活習慣

 

近視・遠視・乱視

 

何気なくテレビを見続けている人が少なくありませんが、テレビの視聴は目に大きな負担を与える可能性があります。連続視聴時間が40分以上とならないようにしましょう。新聞や読書が習慣となっている人も多いですが、文字を見続けることも目に負担がかかるといわれています。特に、寝ころびながら就寝前の薄暗い環境での読書は近視や遠視、乱視などの目の病気を助長する可能性が高まります。本などを読むときは目から30cm以上離し、正しい姿勢で見るようにしましょう。また、没頭してしまい長時間読み続けてしまう人もいるかもしれませんが、1時間に10分間は目を休ませることを心がけましょう。

  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ