神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロマ|眼科疾患(眼精疲労・視力低下・老眼・緑内障)頭痛・肩こり・腰痛
えんじゅ ホーム

緑内障

緑内障とは?

グラフ

緑内障は、なんらかの原因によって網膜に映った映像を脳に伝える視神経に障害が生じ、視野欠損などの症状を引き起こすといわれています。未治療のままでいると症状が悪化して失明する可能性もあります。ただ、症状が現れにくく放置されやすい傾向にあるため、正しい診断や早期発見のためには定期的な眼底検査などが必要とされています。日本人における途中失明原因の1位2位を争うほど多い病気といわれており、高齢になるほど発症率が高まり、40歳代以上の約30人~40人に1人は緑内障患者といわれるほどです。人によっては白内障を併発する可能性もあります。

緑内障のメカニズムと主な症状

眼球内には房水といわれる透明な液体があり、目の形状はその房水の圧力によって保たれています。通常、「毛様体」で作られた房水は角膜や水晶体に必要な栄養を運搬し、角膜の裏にある「線維柱帯」から静脈へ排出されるため、一定の眼圧が保たれるような仕組みになっています。眼圧の正常値は10~21mmHgとされていますが、房水がうまく排出されなかったり、流れが悪くなったりすると眼圧を高めてしまい、視神経が障害される緑内障を発症すると考えられています。

主な症状としては、目の症状があげられます。視野欠損が代表的ですが、ほかにも目の疲れやすさやかすみ、頭重感などがあります。急性の緑内障の場合、眼圧が急激に上昇するため激しい目の痛みや吐き気などの症状が現れやすいです。しかし、それ以外の緑内障の場合、視神経の障害がゆっくりと進行することから気がつかない間に進行してしまうといわれおり、末期に至るまで自覚症状がないことがほとんどです。

緑内障の治療方法

近年、日本では正常な眼圧の緑内障(正常圧緑内障)も増えており、「眼圧」だけが原因ではないと考えられていますが、西洋医学的な治療においては、眼圧の正常・異常に関わらず、点眼薬を用いた治療が一般的です。点眼薬だけで眼圧をコントロールできるケースもありますが、症状の進行度によっては点眼薬を複数使用したり、内服薬が処方されたりします。病院によっては、レーザー治療や手術が行われることもあります。

緑内障の予防

遺伝的な要因も大きいといわれている緑内障ですが、生活習慣などの要因が加わって起こるケースも多いといわれています。特に、生活習慣が原因で起こる生活習慣病になると、緑内障を発症するリスクが一般の人よりも高い傾向にあります。

生活習慣病は、自覚症状がほとんどないまま症状が進行することから“サイレントキラー”ともいわれ、気がついたときには手遅れとなる可能性があります。偏食や運動不足、過度の飲酒やストレス、喫煙などの身体に悪影響を与える習慣や環境が続くと発症しやすくなるのが生活習慣病です。緑内障の予防のためにも、食事や運動、日々の習慣を見直し、緑内障のきっかけを作らないようにすることが大切です。

 

東洋医学における原因と治療方法

東洋医学の「青風内障」に相当する緑内障は、進行性の病気の一種です。東洋医学では、水(房水)の排出不良、ストレス、血行不良などが主な原因と考えられており、個人の体質を判断して考えられる原因に合う鍼灸治療や漢方薬で体質を改善する治療が行われます。

水の排出不良

房水がうまく排出されず、巡りが悪いことで眼圧が上がることを「水滞」と呼んでいます。このケースでは、余分な水分を取り除く治療が行われます。目の症状の改善も大切ですが、東洋医学においては個人の全身状態を把握してから適切な処置を検討するケースがほとんどです。漢方薬は、水の滞りを改善する効果が期待できる「五苓散(ごれいさん)」や「柴苓湯(さいれいとう)」などが処方されることが多いといわれています。

ストレス

東洋医学では、万物を木・火・土・金・水の5つに分けた考えが基本で、人体の働きもその5つに当てはめて考えます。それが肝・心・脾・肺・腎の「五臓六腑」で、目の病気は肝が関係しているといわれています。肝は西洋医学でいう自律神経系に相当し、主にストレスによって体内で「肝火」といわれる熱が発生して悪さすることで緑内障を引き起こしていると考えられています。治療では、「竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)」をはじめとする「肝火」を鎮める効果のある漢方薬を処方されるといわれています。

血行不良

東洋医学では血行不良のことを「お血」と呼んでいます。「お血」になると水が溜まりやすい状態になると考えられており、神経を障害してしまう原因にもなり得るため、「お血」の程度に合わせて「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」や「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」が処方され、血の滞りを改善するのが一般的です。

ツボ押しで緑内障を予防

還晴

中国では目の治療として鍼灸治療を利用するケースが多く、経絡というわれる気の流れる部分にあるツボを刺激することでさまざまな症状を改善できるといわれています。そのため、自宅で手軽にできるツボ押しは、身体の不調の改善が期待できるひとつの予防方法といえるでしょう。

緑内障には、血行促進効果が期待できる「還晴」というツボが有効とされています。「還晴」は、肩の付け根と肘の中間あたりの腕にあるツボで、光を取り戻すという意味があります。指先をグッと押し、滞った気の流れを開放しましょう。

緑内障の日常生活での注意点

東洋医学における緑内障は、目だけではなく全身のあらゆることが関係していると考えられているため、日頃から予防を意識した生活を心がけることが大切です。

目を疲れさせない、疲れをため込めない

長時間下を向いたままでは目が疲れやすく、房水の流れるところを狭めてしまう可能性があります。目が疲れやすい生活や状態を避けるようにしましょう。また、少しでも目が疲れたなと感じたら目を休めて、目に疲れがたまらないようにすることも大事です。

身体を冷やさない

身体が冷えると「お血」につながり、身体に水が溜まりやすくなるといわれています。入浴はシャワーで済ませず、ゆっくりと湯船につかって身体の芯から温めて身体を冷やさないようにしましょう。湯船につかることでリラックスできることから、「肝火」を鎮めるのにも効果も期待できます。

  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ
  • LINEから予約する
    LINEから予約する
  • 営業案内
    営業案内
  • 営業日カレンダー
    2018年4月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293012345
    « 2018年5月»
    293012345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    272829303112
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【神奈川県】
    葉山町 逗子市 横浜市 鎌倉市 藤沢市 横須賀市 三浦市 【東京都】
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

Twitter