神奈川県葉山町の鍼灸院|整体・アロマトリートメント|体質改善・呼吸法・頭痛・肩こり・自律神経・不眠・花粉症・アレルギー・生理不順
えんじゅ ホーム

網膜色素変性症

網膜色素変性症ってどんな病気?

 

視野狭窄

 

網膜の異常な色素沈着によって障害が起き、視野が狭くなる「視野狭窄」などを引き起こす病気で、現代医学では決定的な治療法がないため特定疾患(難病)に指定されています。

患者数は、4,000人から8,000人に1人程度といわれており、早い人であれば小学校入学前に発症する可能性があります。症状が現れると長い年月をかけて症状が進行し、患者のほとんどが50歳~60歳までに失明するといわれています。

網膜色素変性症の症状

網膜にはものを見分けるために重要な働きをする2つの細胞があります。1つが目で見た光の強さを感じとる「杆体細胞」で、もう1つが色味を感じとる「錐体細胞」です。人間がものを見られるのは、この光の強さと色味の情報が網膜で電気信号に変わり、視神経を通って脳に送られるためです。ところが、杆体細胞や錐体細胞でなんらかの異常が起こることがあります。すると、視野障害となって現れるといわれています。

杆体細胞の異常の場合

杆体に異常があると、鳥目といわれる夜盲の症状が現れやすいです。網膜に色素のにじみが生じると、網膜の周辺部も色素沈着によって侵害され視野狭窄となったり、症状が進行して光の明暗を感じる錐体の機能低下や視力低下の症状を起したりする場合もあります。

錐体細胞の異常の場合

錐体の異常が現れると色覚の異常が生じるため、網膜も中央部が機能せず、ドーナツ状のような見え方が特徴の中心暗点や視力低下の症状が現れるといわれています。

症状の現れ方には個人差がある

網膜色素変性症は進行性の病気で、一般的には夜盲から始まり、症状が進むことで視野狭窄を起こし、視力低下や色覚の異常につながるといわれています。しかし、症状の進行度や組み合わせは個人差が大きく、夜盲ではなく視力低下や色覚の異常から始まり、その後夜盲が現れるケースもあります。

網膜色素変性症の原因とは?

病気の詳しい原因についてはいまだに解明されていません。現代医学では遺伝的な原因が高いと考えられていますが、遺伝との関連性が判明しているケースは5~6割程度で、4~6割は遺伝的な要因がない場合でも発症するといわれています。

網膜色素変性症の診断方法とは?

視野に違和感を覚えて病院を受診すると、一般的な視力検査や眼底検査に加え、夜盲の程度がわかる暗順応検査や視野狭窄の状態を見る視野検査を行うことが多いです。

 

視力検査

網膜色素変性症でも視力低下の症状があるため視力検査が行われますが、初期の場合視力が良好なケースが多いとされています。

眼底検査

網膜色素変性症患者の場合、網膜が灰白色なことが多く、色素の固まりが見受けられたり、色素の沈着以外にも、網膜の動脈が細さや視神経の萎縮などの典型的な状態が見られたりするといわれています。

暗順応検査

診断の決め手となるだけでなく、夜盲の程度を見ることができます。

視野検査

進行状態をチェックするための重要な検査とされています。網膜色素変性症患者の場合、進行状態を正確に把握するため1年に1~2回くらいの頻度で行われることが多いです。

 

治療方法

現在、網膜色素変性症の根本的な治療法はないといわれており、現代医学では対症療法がメインとなっています。明るいところから暗いところへ入ったときに生じる暗順応障害に対しては、治療用サングラスが有効とされています。

また、網膜色素変性症を患う患者には、「網膜の血流の低下」という共通する病変の傾向があります。そのため、西洋医学では対症療法として血液循環を促進・改善する薬やビタミン剤などを用いた治療が行われることが多いです。循環改善薬やビタミン剤はすべての人に有効というわけではありませんが、網膜色素変性症による症状の進行を遅らせる効果が期待できるといわれており、人によっては視野が改善されるケースもみられます。

日常生活で注意したい網膜色素変性症を進行させないポイント

進行性の病気である網膜色素変性症は、発症すると長い年月をかけて症状が進んでいくといわれています。ただ、網膜に強い光が当たることで病気を進行させてしまう可能性が指摘されています。そのため、病気を少しでも進行させないようにしたいのであれば、日常生活において強い光から網膜を保護することを意識しましょう。

特に、日中など日差しが強い時間帯に屋外で長時間作業したり活動したりするケースでは、強い光が網膜に当たりやすい傾向にあります。網膜色素変性症が疑われるのであれば、眼を守るためにも日差しが強い間は屋内中心の生活を心がけるようにしましょう。

 

東洋医学的な関連症状と治療

漢方薬

 

現代医学では、網膜色素変性症の進行を止める手立てがないとされています。しかし、東洋医学では体質に合う漢方薬で血流を改善すると症状の進行を止められる可能性があります。

東洋医学的に患者を見たとき、多くの患者に共通する症状が2つあるといわれています。それが、「胸脇苦満(きょうきょうくまん)」と「お血」です。

胸脇苦満

簡単に言うと、胸部圧迫感や脇腹の抵抗と圧痛などの状態とされています。この胸脇苦満は、目になんらかの疾患がある人が感じやすい兆候といわれています。改善には、肝臓の機能を調整する効果が期待できる柴胡剤がよいとされています。漢方薬では、小柴胡湯(しょうさいことう)や大柴胡湯(だいさいことう)などがあり、体力に応じて適した漢方薬が処方されます。体力の弱い人の場合は、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)などで治療することになります。

お血

お血は、東洋医学で血液の停滞を意味するといわれています。その周囲を指圧したときに痛みを感じる圧痛点がある場合、「お血」の可能性が高いです。末梢血管の血流が悪化している状態のため、冷えとして現れることが多く、網膜色素変性症に大きく関係していると考えられています。治療では血液循環をよくする効果が期待できる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などの漢方薬が有効とされています。

ただ、胸脇苦満やお血がみられても、今あげた漢方薬が処方されないケースがあります。それは漢方薬が体質や体力だけでなく、検査の結果やそのときの身体の状態などから総合的に判断されるためですので、医師や薬剤師の指示に従うようにしましょう。

難病の網膜色素変性症の予防と日常生活の注意点

原因が解明されていないことから網膜色素変性症そのものを予防することは難しいとされています。しかし、目によい生活を心がけることで、予防効果も期待できるといわれています。

 

網膜色素変性症でみられる胸脇苦満やお血は、生命エネルギーである「気」と密接な関係にあると考えられています。気の流れはストレスなどによって滞りやすく、それが胃と横隔膜が緊張し動きにくくして負荷をかけたり、血の流れにも影響を及ぼしたりするといわれています。身体を動かすことはストレス発散に有効で、胸脇苦満やお血の改善ともよいとされているため、無理のない範囲で運動をとり入れるのがおすすめです。

お血に関しては、生野菜や刺身などの生魚に加え、ファーストフードやスナック系のお菓子などでも起こりやすいといわれています。これらの食べ物を控え、血流をよくする効果があるといわれている玉ねぎやほうれん草、ウナギやアジ、サバなどの魚類を意識して摂ることも大切です。バランスのよい食事を心がけることで網膜色素変性症の予防につながるでしょう。

 

ネットからのご予約

 

LINEからのご予約・お問い合わせ

 

>>ご予約前のお問い合わせ・ご相談はメールでも承れます。
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ
  • つきひホームページ
    つきひHP
  • ネット予約する
    ネット予約する
  • スタッフのブログ

      ブログ(武田豪快)

  • スタッフのブログ

      ブログ(武田生宇)

  • 営業案内
    営業案内
  • 営業日カレンダー
    2019年2月»
    272829303112
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272812
    « 2019年3月»
    242526272812
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31123456
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス
  • 最近の投稿
  • カテゴリー
  • お気に入り
  • 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」