神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロマ|眼科疾患(眼精疲労・視力低下・老眼・緑内障)頭痛・肩こり・腰痛
えんじゅ ホーム

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は、進行すると失明する可能性もあり、成人における失明の原因疾患のひとつといわれています。日常生活に大きな影響を与えかねない病気のため、発症の予防や症状を進行させないことが重要と考えられています。

糖尿病性網膜症とは?

糖尿病

 

糖尿病性網膜症は、糖尿病の3大合併症のひとつです。糖尿病は、さまざまな合併症をもたらす生活習慣病として広く知られており、40歳以上の10人に1人は糖尿病患者といわれるほどです。特にここ数年、糖尿病の増加にともなって糖尿病性網膜症も増加傾向にあります。糖尿病歴が5年~10年ほど経過したころに発症するケースが多いといわれています。

 

糖尿病性網膜症の原因とは?

眼の網膜には、多くの毛細血管が密集しています。目から見た情報を脳へ伝える機能を支えるため、必要な栄養などを血液から得るためです。しかし、血液に糖分が多いと毛細血管を詰ませて血液の流れを妨げる可能性があり、高血糖状態が続くことで血管をもろくしたり、破れやすくなったりすることもあります。すると、破れた血管をカバーするために新しい血管を作り出され、破れることで出血などが起きて網膜に障害が生じます。これらが糖尿病性網膜症の主な原因と考えられています。

 

糖尿病性網膜症の症状とタイプ別の特徴

飛蚊症

 

糖尿病性網膜症になると主な自覚症状として、蚊やゴミが浮いているような見え方をする飛蚊症や急激な視力低下があげられます。しかし、初期は自覚症状がないことがほとんどで、視力低下を感じて病院を受診したときには、糖尿病も糖尿病性網膜症も重症化していたというケースが多いとされています。ただ、初期ははっきりとした自覚症状がないだけで、網膜では段階を経て症状が進行しているといわれています。段階は、大きく分けると3つあります。

単純型網膜症

糖尿病性網膜症の初期の段階で、自覚症状がないケースがほとんどです。検査で網膜の毛細血管をチェックすると小さなコブや白斑といわれる白いシミなどがみられます。

前増殖型網膜症

単純型網膜症の症状が悪化し、白斑の増加や血管がふさがれるなどの症状があれば前増殖型網膜症とされています。小さな眼底出血が起こりやすく、網膜の血流も悪くなるため視力低下などを感じる人もいますが、自覚症状がないケースが多いといわれています。

増殖型網膜症

前増殖型網膜症の症状がさらに進行した状態が増殖型網膜症とされています。網膜にある毛細血管をふさいでしまうため、血液から酸素や栄養が得られず、酸素などを補うために新しい血管が作りだすといった症状がみられます。新しい血管(新生血管)は少しの衝撃でも破れるほどもろいため、出血や網膜剥離をおこしやすく、飛蚊症や急な視力低下といった症状が現れやすいです。また、増殖型網膜症の段階は、失明を起こす可能性も高いといわれています。

 

糖尿病性網膜症の治療法とは?

現代医学では、症状の進行を抑えることを目的とした治療が行われます。糖尿病性網膜症は一度発症すると完治が難しい病気のためです。治療方法は症状の進行度で大きく3つの期に分けられ、それぞれに応じた治療が行われます。

 

初期

血液に含まれる糖分量をしっかりとコントロールすることで進行が抑えられるといわれているため、原因である糖尿病と同じ治療を行うことがほとんどです。

中期

出血や新生血管が発生しないよう、網膜にレーザーを照射して症状の進行を阻止する「レーザー光凝固術」が行われます。症状が進んでいる場合、治療が数回にわたる場合があります。

後期

糖尿病性網膜症は、進行すると眼底から網膜が剥がれる網膜剥離や新生血管の破れによる硝子体出血を併発する可能性があります。網膜剥離や硝子体出血を起こしている場合、硝子体手術などの外科手術による治療を行うことになります。

 

糖尿病性網膜症の予防

自覚症状が乏しい糖尿病性網膜症を予防するためには、症状がなくてもしっかりと治療や検査を行うことが大切です。発見が早いほど治療の選択肢も広がり、失明を防げる可能性も高まります。糖尿病と診断されたら、検査は半年から1年に1回程度を目安に定期的に受けるようにしましょう。眼底出血、新生血管が見られる場合は、1~2か月に1回程度検査を受けるのが理想です。

 

日常生活ではどのような注意が必要?

糖尿病にならないために、日常生活で注意すべき点は主に2つあります。

急な血糖コントロール

糖尿病は、原因がはっきりせず肥満との関連が少ないとされる1型糖尿病と、生活習慣の影響を受けて発症しやすく肥満とも関連があるとされる2型糖尿病などがあります。糖尿病と診断されると、血糖コントロールをメインとした治療をされることがありますが、2型糖尿病と診断された人の場合、血糖値が高い状態を放置していた状態から急にきっちりと血糖コントロールをすると網膜症を悪化させてしまう可能性があります。2型糖尿病の場合は、眼科で眼の状態をしっかりチェックしながら、内科的な治療を行うのが一般的とされているため、自己判断で血糖コントロールをしないようにしましょう。

運動療法の程度

糖尿病の治療のひとつに運動療法があります。血糖コントロールを良好にして維持していくことを目的としているといわれています。しかし、症状の段階によっては運動が網膜の出血につながることもあります。前増殖網膜症の段階までであれば、ジョギングや水泳などの激しい運動をしても大きな影響はないとされていますが、増殖網膜症の段階と診断された人は、激しい運動によって新しく作られた(新生)血管が破れて出血する可能性があります。増殖網膜症の段階の人は、激しい運動は避け、散歩などの軽めの運動程度にとどめましょう。

 

東洋医学における糖尿病性網膜症の原因

糖尿病は、高血糖状態を主徴とする代謝異常をともなう症候群のひとつで、糖尿病性網膜症の原因といわれています。インスリンの作用不足によって糖分が血液中に多く含まれている状態が続く病気で、東洋医学では身体が消耗し、口の渇きといった特徴的な症状が現れることから東洋医学では「消渇(しょうかつ)」と呼ばれています。

古代中国では、内臓全般を指す「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」とエネルギー源で神経機能を指すといわれる「気」、全身を巡る血液の「血(けつ)」、代謝や免疫などに関わる血液以外の体液である「水(すい)」が目に深く関係していると考えられています。特に五臓六腑に含まれる、食生活の乱れの影響を受けやすい消化器系の脾臓と肝臓、糖をエネルギーに変換する腎臓は大きく関係しているといわれており、3つのバランスが乱れると身体を構成している「気、血、水」の不足や悪循環を招き、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症になりやすくなるといわれています。

 

治療に対する考えと具体的な治療法

現代医学では、症状の進行を抑えることを目的としており、糖尿病そのものの内科的治療も不可欠とされています。しかし、東洋医学では糖尿病に大きな関係があるとされる五臓六腑からアプローチして、鍼灸治療や漢方薬を使って体質を改善し、原因となっている糖尿病を根本から治すことを目的とした治療が行われます。糖尿病性網膜症そのものではなく、原因である糖尿病の治療がメインで、全身に現れる糖尿病の特徴的な症状から進行の程度を把握し、タイプを見極めて体質に合った治療をされるケースが多いです。

治療には、体質や症状に応じた鍼灸(はりきゅう)や漢方薬を使用するのが一般的です。漢方薬は、現代医学でも処方されることがある薬で、「生薬」といわれる薬効を持つ植物、動物、鉱物などを調合したものとされています。鍼灸や漢方薬は、「気、血、水」のバランスの乱れを整え、正常な状態に戻すサポートをして自然治癒力を高める効果があるといわれており、糖尿病性網膜症の治療に用いることで、腎臓・肝臓・脾臓の血行の改善が期待できます。血行の改善により、網膜にある毛細血管にも十分な酸素と栄養が届くようになり、その結果、視機能の改善や血管壁の強化、新しい血管の生成の抑制や出血の予防につながって症状の進行も予防できるといわれています。

 

糖尿病性網膜症の関連症状と予防のポイント

現代医学では、糖尿病性網膜症の自覚症状がないとされています。しかし、東洋医学の考えに基づいた関連症状に注目することで、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症の早期発見につながるといわれています。また、症状から進行状態を把握できるため、気がついた時点で日常生活の見直しを行えば予防効果を高められる可能性があります。体質別の症状と予防のポイントは次のとおりです。

虚弱タイプ

ストレスや食事、生活の乱れなどによって必要な栄養や水分までも消耗しているタイプとされています。症状としては、冷え性や疲労感、口の渇きや多汗などがあげられます。身体の消耗は機能低下につながり、糖の代謝にも影響を及ぼすため、「肺」「脾」「腎」のバランスを整えてくれる良質なタンパク質や栄養豊富な野菜をしっかりと摂り、養生を心がけることが大切です。おすすめの食材は、鶏肉やキノコ類、クルミや松の実、山芋やカボチャなどです。普段の食事に意識してとり入れることで、虚弱体質の改善効果が期待できるでしょう。

お血タイプ

食事の不摂生などで血液がドロドロになり、血の流れが滞ってしまう「お血」は、顔色の悪さや手足のしびれ、頭痛や関節痛などの痛みなどの症状が現れやすいといわれています。血液循環をよくして代謝機能をアップさせることで予防につながるため、血管を強くして血の循環も改善する効果が期待できる玉ねぎやひじき、酢などを食事から摂取し、血液をサラサラにすることを心がけましょう。

痰濁タイプ

「痰濁」とは、余分な脂肪や水分などの老廃物が溜まった状態といわれています。肥満、食欲旺盛、痰が多い、手足のむくみやすさなどの症状が現れやすいですが、気がついた時点で生活習慣を見直すなどの対策をすることで改善が見込めます。余分な汚れは尿と一緒に体外へ排出できると考えられているため、利尿作用が期待できるタケノコやもやし、こんにゃくや春雨などを食事にとり入れるとよいでしょう。

  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ