神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム

白内障

 

白内障ってなに?

レンズ

 

眼球内にはカメラのレンズのような働きをする水晶体があります。白内障は、その水晶体が濁る病気とされており、高齢者のほとんどにみられるようになるといわれている病気です。早い人は、40歳前後に発症する可能性があります。

白内障の原因

 

眼

 

水晶体は健常であれば透明な組織とされています。しかし、水晶体を構成している成分であるタンパク質の一種が年齢を重ねことで変質し、白く濁ったり黄色っぽくなったりして透明性が失われていきます。すると、入ってきた光が網膜に届きにくくなるため、視力低下をはじめとする症状を起こすと考えられています。

水晶体の変質は加齢が主な原因と考えられているため、比較的高齢者に多い病気とされています。しかし、中高年以前の若年層でも白内障を発症する場合があります。加齢以外にも生活スタイルや薬の副作用が原因となるためです。特に、紫外線を浴びやすい環境で仕事や運動をしている、糖尿病を患っている、アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー疾患の治療でステロイド剤を長期間服用しているなどにあてはまる人は、加齢に関係なく早いタイミングで白内障を発症する可能性があります。

白内障の主な症状と治療方法

視力低下が主な症状ですが、徐々に視力が低下していくのが特徴です。ピントが合っている場合もありますが、水晶体が濁っているため、視界がかんだり光をまぶしく感じたりするといった症状が現れることもあります。西洋医学では一度タンパク質が変質してしまうと透明な状態を完全に取り戻すのは難しいとされており、眼科では症状の悪化を防いだり、進行を遅らせたりすることを目的とした点眼薬や内服薬での治療や、濁った水晶体をとり除いて人工のレンズに換える手術が主な治療方法とされています。

白内障の予防

白内障は加齢や病気などいろいろな原因がありますが、日々の生活を意識して過ごすことで白内障を予防できると考えられています。

現代人がかかりやすい病気に生活習慣病があります。糖尿病とは糖尿病や高血圧症などを総称したものですが、その中の糖尿病は、白内障の進行を早める可能性があるため、特に注意が必要とされています。糖尿病は、日々の食事や運動不足が関係して起こることもあるため、栄養バランスのよい食事をこころがけ、適度な運動も普段から意識して行っておくことで糖尿病が予防でき、結果的に白内障の予防にもつながると考えられています。

また、白内障は強い赤外線(熱線)も原因となる可能性があります。特に、ガラス職人や溶鉱炉で働く人は熱線を浴びやすい環境にいるため、一般の人よりも白内障の発症リスクが高い傾向にあります。日常生活においてほとんどの人が浴びる紫外線も原因のひとつです。しかし、目は肌のように日焼け止めクリームを塗るわけにもいきません。目を強い紫外線から保護するには、サングラスの使用がおすすめです。ただ、サングラスは隙間ができてしまって、紫外線を防ぎきれない面もあるため、サングラスを使用する際は、ツバが広めの帽子を併用することで、より効果的に紫外線から目を守ることができるでしょう。

東洋医学における白内障の原因

東洋医学では、身体の見えないエネルギーである「気」、「肝血」の流れの滞りや不足、「腎」の機能低下が白内障の原因と考えられています。人間は、角膜や水晶体を通って入ってきた光が網膜でデジタル化されます。そして、視神経から脳へ電気信号が伝えられることでものを見ているため、ものを見るために重要な役割を持つ網膜や視神経の周辺には、必要な栄養や酸素を十分に供給できるよう多くの毛細血管が存在しているといわれています。

しかし、栄養や自律神経系に障害が生じた「肝血虚」になると、血が不足して目に必要な栄養が行き渡らなくなり、その結果として白内障を引き起こしていると考えられています。また、「腎虚」といわれる筋肉や骨の老化や体内の水分調節が低下した状態になってしまうと眼精疲労や眼の病気を引き起こしたりしやすくなるといわれています。

白内障の症状と特徴別の治療方法

東洋医学では、白内障を引き起こしているのは目の働きに関わる腎臓や肝臓、目に見えない「気」、血液である「血」や血以外の体内にあるあらゆる「水」の流れの滞りや不足と考えられているため、肝・腎に加え、気・血・水を整える治療が行われます。飲み薬としては、白内障や緑内障などの眼科治療でも用いられることがある漢方薬が一般的です。ただ、東洋医学では足腰の強さで白内障の治療に用いる漢方薬を使い分けているといわれています。東洋医学では腎臓の健康状態は足腰に現れると考えられているためです。

足腰があまり弱っていない場合「八味地黄丸」

八味地黄丸(はちみじおうがん)は、加齢による白内障の治療に有効とされています。気・血・水の流れを改善する生薬がバランスよく含まれている漢方薬といわれており、水晶体だけでなく目の周辺にある筋肉や調節機能に働きかけてくれることから視力の回復も期待できるといわれています。

足腰が弱っている場合「牛車腎気丸」

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)は、8種類の生薬が含まれた八味地黄丸に筋肉を増強する効果が期待できる「牛膝」と体内の水はけをよくする働きのある「車前子」を含む10種類で構成された漢方薬とされています。腰痛やひざ痛がある、腰から下に力が入りにくい、尿が出にくいといった症状に悩まされている場合に処方されることが多いといわれています。

白内障の予防方法

東洋医学では、老化防止に加え、目と密接な関係にあると考えられている肝の経路の障害の改善が予防に有効と考えられています。自宅でできる予防法としては、目の疲れを取る効果が期待できるツボ押しがおすすめです。

目窓(もくそう)

瞳から真上にあがった生え際の指3本分のところにあるとされています。中指を重ねた人差し指の腹をツボに置き、やさしく指圧しましょう。

魚腰(ぎょよう)

眉毛の丁度真ん中あたりにあるツボで、左右にあるといわれています。パソコンや作業などで目を酷使したことが原因の視力低下を防ぐ効果が期待できます。

日常生活の注意点

 

食事

 

東洋医学における白内障は、目に関連する肝・腎の働きを低下させないことが重要とされています。血を作って目の栄養源となる食べ物をバランスよく食べることが大切です。特に、ウナギやレバー、緑黄色野菜などに含まれるビタミンA、B1、B2は目の疲れの改善に有効とされています。食生活では、目によいとされる栄養を摂取しつつ、肉類やハム・ソーセージといった加工食品、脂っこいものや甘いものなどを摂りすぎないようにしましょう。また、香辛料などの刺激物も目が疲れているときにはよくないといわれています。疲れ目を感じたら刺激物もなるべく控えるようにしましょう。

  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ