神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム

プハンとは

プハン療法の効果

1.血流促進

プハンをした後は体がポカポカと温かくなります。それは血流が良くなるからです。

プハンは小さなカップで体の辛い箇所に圧をかけ吸い上げます。その吸い上げた所が、プハン特有の丸い赤い跡になるのですが、なぜ跡が残るのか?

 

体にはたくさんの毛細血管が張り巡らされていますが、その毛細血管の血液の流れが悪くなるとコリや疲れ、不調の原因となります。血液の流れが悪くなっている毛細血管の壁は脆く壊れやすくなっているので、プハンの吸い上げた圧で壊れます。滞り老廃物が溜まった血液が出てきて、あの丸い跡ができるのです。

 

こう説明すると毛細血管が壊れるなんて怖い!痛そうなんて思われる方もいらっしゃいます。

まずプハンの吸い上げの圧は、なんとも言えない心地よさでファンになる方が多数いらっしゃいます。また一度壊れた毛細血管が新しく丈夫な毛細血管へと再生されることで、血流がよくなり辛い症状が暖和していきます。

赤い丸い跡も早い人で1週間、より色が濃くでた人でも2週間ほどで消失します。

 

2.毒素排出

プハンにはデトックス(毒素排出)効果があります。

老廃物を流すのにとても重要なのがリンパ管。リンパ管は毛細血管のすぐ近くにあります。プハンをすることで壊れた毛細血管から沢山の老廃物が出て、リンパ管の働きが活性化します。

体が重い、すっきりしないなどの倦怠感がある方は、ぜひ受けてみて下さい。

 

個人的には毒素が排出されるおかげで、プハンをした次の日はお肌のクスミやむくみが解消されお肌がピカピカになるなと美肌効果も感じています。

プハンの跡について

プハンの跡は、1週間〜2週間ほどで消失します。

目安は、プハン跡の色です。跡が消えるのが早い人ほど、ピンク色です。遅い方はというと赤黒く、言うなればアメリカンチェリーのような色です。

色が濃いほどお体に疲れが溜まっています。プハンは続けていくごとに跡が薄くなっていきます。それは、健康で丈夫な毛細血管が生まれ、血液の流れが良くなり、新陳代謝も活発に行われている証拠です。体の状態がご自身の目で見てわかるのもプハンの良い所ですね。

 

プハンを受けない方が良い時もあります。

発熱がある時、飲食直後、ぎっくり腰や寝違えなどの急性の痛みがある時です。症状が悪化してしまうことがあるので、お控えください。

肩こり、腰痛、頭痛、倦怠感、胃の不快感などを感じている方はプハンをオススメします。何と言ってもプハン後は体の爽快感はたまらないですし、プハンをした日は夜もぐっすりと眠れ、疲れもスッキリと取れますよ。

 

 

  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ