神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロマ|眼科疾患(眼精疲労・視力低下・老眼・緑内障)頭痛・肩こり・腰痛
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

妊婦の養生体験談

" セルフケア, マタニティ "

2017年5月16日

こんにちは、えんじゅの武田生宇です。
 

鍼灸やアロマトリートメントはもちろんのこと、いろんなことを試しつつも、個人的に効果を感じた養生法を3つ紹介します。

 

 

まずは腰や仙骨の痛みがなくなったのは『活法』です!

院長もブログにあげていましたが、活法による腰周りの筋肉の調整で今は痛みはほとんど感じません。歩きすぎたりするとたまに「イテテ‥」となるものの。活法をすぐに受けると次の日には改善しています。院長ありがとう‥!

無理な力で押したり、長時間の施術ではけしてないのに効果は絶大。これでいいの??と最初は正直思ったものの。(あまりにも柔らかな施術なので)施術を重ねるごとに痛みの度合いが少なく、痛みの消失が早くなりました。

筋肉の特性、人間の体の動きを上手く利用した活法は、受け手も施術者も無理せずに症状が改善するすばらしい治療です!妊婦さん以外の方にももちろん効果がありますよ。

骨盤編や肩こり編の活法もあるらしいのでぜひ産後も受けたいです♪

次は『安産灸』です。

安産灸はたしか、、安定期くらいから始めました。毎日続けるのがベストですが、ずぼらな私はのらりくらりとさぼりつつも(笑)今までお灸を続けてきました。

お灸やらなきゃ!と囚われずに。気づいた時に自分を労わる気持ちで、私のリラックスタイムにしていました。

安産灸ネットワークの勉強会に参加してきた院長曰く

安産灸の効果は、妊娠中のマイナートラブル、早期破水の予防、逆子予防や出産時の分娩第二期の時間短縮、産道が柔らかくなる、無駄な出血防止などがあげられています。

また産後の肥立や回復が早くなる、おっぱいがしっかりと出る、悪露の排出良好、後陣痛が軽減と‥妊産婦さんにとって良いことばかりです。

三陰交は個人的に好きなツボです。妊娠前も月経前は三陰交あたりがソワソワ‥ここにお灸したい!と体が求めていました。まさに女性のためのツボです。

安産灸についてはまた院長が詳しくブログにアップしますので、ぜひご覧くださいね。

最後は『温める』です。

妊婦さんの体は水分や脂肪が溜め込まれいくので、冷えてしまいやすい。ですが赤ちゃんを元気に育てるため、子宮の中の羊水は体温より1〜2度ほど高く保たれているそうで、最近は体が暑く、火照るのです。

暑いけれど、気づくと体が冷えてしまっているので体の温度調整には困っていました。

そんな時に安産灸の創始者の戸部先生に「お腹とお股は夏でも3枚重ねやでー温めなあかん!」と言われたのでした。

お腹は冷やさぬよう、腹巻などしてたんですが。お股は‥ノーマークでした!(笑)

子宮の入り口もしっかり温める。お腹すっぽりのパンツに腹巻、その上にお洋服で3枚。上は半袖でもいいので!子宮周りだけはしっかり温めて赤ちゃんが過ごしやすい環境を作ります。

実践してみるとお腹周りは心地よく感じる、でもけして暑くない。赤ちゃんもお母さんも2人が心地よいのが1番ですね。

効果には個人差がありますのでご了承ください。

 
この記事を書いた人

仕事に子育てに日々忙しい女性の体と心をアロマトリートメントで元気にhappyに♪をモットーに皆さんに施術をしています。

 

女性の人生はライフステージによってライフスタイルがどんどん変わっていく、だからこそ心と体が柔軟であることが大切なんだと。結婚、引越し、出産、子育てを経験(始まったばかり!)し、感じる日々です。

 

アロマトリートメント後、体と心のしんどさが和らいだ皆さんのホカホカの笑顔。同じ女性として、私も一緒に嬉しくなってしまいます♪

カテゴリー: セルフケア, マタニティ. タグ: .
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ