葉山町の自律神経失調症専門の鍼灸院|頭痛・肩こり・不眠・めまい・耳鳴り・慢性疲労
えんじゅ ホーム

初めての方へ

鍼は痛い?

当院で使用している鍼は、鍼灸師が一般的に使用しているもので、0.12mmもしくは0.16mmの鍼を使っています。細い鍼は髪の毛(0.10mm)とほとんど変わりません。

また日本の鍼は痛みを感じにくいように製造されております。無痛ではないですが、たまに「チクッ」とするぐらいです。例えるなら髪の毛を1本抜かれたような感じです。

針がどうしても怖い方は刺さない針や整体で治療を行いますので、遠慮なくお申し付けください。

 

左2本が中国鍼(0.3mm)、緑が国産の鍼(0.12)、シャーペンの針(0.5mm)、置き鍼。

 

鍼で感染することはないの?

当院で使用している鍼と受け皿は全て使い捨てです。清潔に保たれた鍼を、施術直前に開封しますので感染の心配はありません。

施術者の手も頻繁に消毒をしています。

鍼が折れたり、抜けなくなることは?

鍼を刺して折れたり、抜けなることはありません。手で折ろうとしても、折れないぐらい丈夫に作られてますので、ご心配いりません。

鍼で副作用はないの?

副作用はありません。

当院の治療法は、強い刺激や体に負担をかけるような施術は行いません。

お身体の緊張が強い方が、緩むことで重だるく感じることがあります。1〜2日以内には軽くなりますので、ご安心ください。

次回の施術の刺激量を調整しますので、体に変わったことがありましたら教えてください。

どんな服装で受けるの?

専用の患者着(半袖・半ズボン)を用意してあります。

背中側はマジックテープで簡単に脱着できます。必要最低限の露出で施術を行います。

どういう時に鍼灸を受ければいいの?

症状が出てから受けられる方が多いですが、本来鍼灸は未病(病気になる前)の時に受けるものです。症状が出ていなくても、体からはサインが送られています。

どのくらい通えば良くなる?

症状やその方が求めるゴールにより通院回数・期間・間隔は異なります。目安として、

1ヶ月目は週に1〜2回をオススメいたします。その後、症状の具合を確認しながら、通院の間隔を広げていきます。

妊娠中も受けられるの?


来院前に必ず、産婦人科の先生に鍼灸治療を受けたい旨を伝え、医師の許可をいただいてください。許可をいただいた方のみ受付しております。お腹の中の赤ちゃんが最優先です。

 

また通院のご負担と安全面を考え、安定期以降(16W)~臨月直前(35W)までの方のみ、お受けしております。

 

ご予約の際に「妊娠しています」とおっしゃってください。

来院の際は母子手帳をお持ちください。

 

マイナートラブルと言われている、つわり・腰痛・肩こり・逆子などに対応できます。

お身体に合わせ最適な施術(鍼灸・活法整体)を行います。

 

当院では安産灸指導も行っております。

胎動を感じ始める16〜20週以降から受けられます。

1回の施術時間は何分くらい?

初回は90分程度お時間をいただいてます。問診、着替え、施術、お会計、次回のご予約など、来院からお帰りまでの時間です。2回目以降は約50分程度です。

 

施術時間はあくまで目安です。お体の状態により前後することもあります。短くなることもあります。

余計な刺激は治療効果を弱めてしまうこともあります。

 

🌸ご予約・お問い合わせ

「はい、えんじゅです」と出ますので、
「HPを見たのですが・・・」と、
ご用件をお話ください!

 

直前のキャンセルはご遠慮ください。
 
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ
  • ネット予約する
    ネット予約する
  • 営業日カレンダー
    2019年12月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930311234
    « 2020年1月»
    2930311234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930311
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス