神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

ピントが合わない…老眼?目の疲れ?眼科疾患に特化した鍼灸師が伝えたい3つのツボで解消。(目の周り編)

" 目の悩み "

2018年4月5日

こんにちは、はり灸アロマえんじゅの武田豪快です。

 

最近、近くの小さい字や物がぼやけたりしませんか?

 

40代頃になると訪れる体の悩みの一つ”老眼”

 

私は大丈夫と思っていても、必ずやってきます。

 

老眼

 

・スマホにせっかく変えたのに、画面が見ずらい。

・お店に行ってもメニューが読めないの恥ずかしい。

・大好きな本が読めない。すぐに疲れる。

・まだ老眼鏡はかけたくない。

・資料が読みづらくて仕事に支障がでる。

 

字や物が見えずらいって不便ですよね。

 

老眼で悩んでいる人に、これだけは知ってもらいたい3つのツボを紹介します。

1:太陽(たいよう)

位置:目尻と眉尻の間から外側のくぼみ。こめかみでもOKです。

押し方:親指の腹、または人差し指から薬指までの3本を使い、ゆっくり押したり、上下に揉みます。

太陽

目以外の効果:頭の重だるさ

2:四白(しはく)

位置:黒目の中心のラインにあり、下まぶたから親指もしくは中指、薬指2本分下にある、骨のくぼみにあるツボ

押し方:親指以外の指をどれか1本使い、気持ちいい強さで押す。過敏な部分なので強く押さない。

四白

目以外の効果:目の下のクマやむくみ

3:魚腰(ぎょよう)

位置:眉の中心(黒目のライン)

押し方:親指の腹、または中指の腹を使い押す。上下左右に揉むのも効果的。

魚腰

目以外の効果:まぶたの重だるさ

 

 

☆おすすめマッサージの手順

・軽い目の疲れ、時間のない方向け 所要時間3分

太陽のマッサージ1分→魚腰のマッサージ分→四白のマッサージ1分

 

・常に目の疲れ、違和感がある、時間が取れる方向け 所要時間15〜20分

太陽のマッサージ3分→魚腰のマッサージ3分→四白のマッサージ3分→アイマスクやホットタオルで目を温めながらボーっとする。

 

お顔は敏感な部位なので、強く押しすぎると後から痛みがでたり、逆にぼやけてしまうことがあります。

 

ポイントは2つ

・強く押しすぎない。

・眼球は押さない。

 

ツボ刺激は1日何回してもかまいませんので、疲れたなと思った時は思い出してやってみてください。

 

以上、老眼で悩んでいる人にこれだけは知ってもらいたい3つのツボでした。

この記事を書いた人

21歳の時に、はり師・きゅう師資格取得

4年間神奈川の整骨院や鍼灸院で勤務した後、北海道にある鍼灸専門の治療院で修行。

修行の傍ら、パートナーと出会い2人でお店をすると決め神奈川に戻ってくる。

2017年1月に、はりきゅうアロマえんじゅをオープン。

 

鍼灸だけでなく整体や呼吸にも興味を持ち、毎月勉強会に参加中。

カテゴリー: 目の悩み. タグ: , , .
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ