神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

無農薬の玄米で作る抱き糀ワークショップ♪

" イベント "

2018年11月20日

みなさん、こんにちは!

はり灸アロマえんじゅの武田生宇です♪

 

昨日えんじゅでは、無農薬の玄米で作る『抱き糀ワークショップ』を行いました!

先生は滋賀在住の糀作りを広めるために、全国各地、世界を飛び回るタクちゃん先生(^ ^)

素敵な奥さんと娘さんと一緒にはるばる葉山まで来てくださりました。

 

さて糀、発酵、私にとっては未知の世界なのですが。

糀といえば、お醤油、お味噌、甘酒、塩麹と日本人の私達の食卓には欠かせない食べ物の原料ですよね。

それがどのように作られるのか、、

 

糀作りって、したことがある方に言わせると。

難しい、手間がかかるとのこと。

 

でもタクちゃん先生は言います、糀は泣かない赤ちゃんを優しく2日めんどうみるようなもの。人肌で、優しくめんどうを見てれば簡単にできるんだよ。

 

 

まずは、タクちゃん先生が作った糀からできた玄米甘酒をみんなで試飲‥

うまーい!!!!みんな感動。

優しくて、変な酸味もなくてまろやか。そして玄米ならではの風味とコクを感じました。

娘に飲ませたら、ゴクゴクゴクゴク。おかわり!笑

 

そしてその甘酒で残った、玄米かすをフレーク形にしたものが、子供達に大ウケ♪

みんなお皿に群がっていた(^ ^)

 

玄米を蒸し器で蒸し、粗熱をみんなでとっているところ↓

ほこほこと良い香りが‥♪

 

そしてそして、抱き糀!ということで。

みなさん大事に糀を風呂敷に包みお腹に巻き巻き!

 

みんな妊婦さんみたいです(笑)

院長もね!

 

そしてオーストラリの原住民アボリジニの楽器、ディジュリドゥの重低音を糀に聴かせて、響かせる。タクちゃん先生ならではですね♪

おいしくな〜れ。

 

 

この糀を2日間お腹に巻いておくとだんだん発酵が進み、暖かく猫を抱いてるよな気分になるそう( ^ω^ )夜も添い寝するんです。

 

2日後くらいに、お米をみると糀菌がお米に張り付き出来上がり♪

出来上がりは明日。楽しみです!

 

甘酒にしようか、味噌にしようか迷い中です。

 

 

 

みんなで食べた糀づくしランチ!糀って和食なイメージだったのですが、洋食にも合う!!

糀とトマトとオレガノのパスタ

糀豆腐のチーズ風

麹フレークのサラダ

とってもおいしくておかわりしちゃいました☆

糀料理のバリエーションも聞けて、糀の可能性拡がりまくりです。

 

タクちゃん先生ご一家、来てくださったお客様たち楽しくて素晴らしい時間をありがとうございます!

今後もまた食や健康、家族や町が幸せになるワークショップをえんじゅで開催できたら嬉しいです。

 

 

この記事を書いた人

仕事に子育てに日々忙しい女性の体と心をアロマトリートメントで元気にhappyに♪をモットーに皆さんに施術をしています。

 

女性の人生はライフステージによってライフスタイルがどんどん変わっていく、だからこそ心と体が柔軟であることが大切なんだと。結婚、引越し、出産、子育てを経験(始まったばかり!)し、感じる日々です。

 

アロマトリートメント後、体と心のしんどさが和らいだ皆さんのホカホカの笑顔。同じ女性として、私も一緒に嬉しくなってしまいます♪

カテゴリー: イベント. タグ: .
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ