神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロママッサージ|眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・腰痛・胃腸症状
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

「女性の一生会議」講演会に参加しました♪

" その他 "

2018年10月20日

みなさん、こんにちは!

はり灸アロマえんじゅのアロマセラピストの武田生宇です♪

 

自然療法学校マザーズオフィスで行われた「女性の一生会議」という講演会に行ってきました。今回のテーマは〜自己成長と老化〜です。

講師の方々のお話しもあり、参加した人同士のディスカッションもあり、とても熱気がある場でした。

 

 

その中で薬剤師でありながらアロマセラピストとしても活躍している久保田いずみ先生のお話しが心に残りました。

仏教の言葉で「四苦」というものがあります。

それは〝生老病死〟の四つを指すそうです。

・生…生きていること自体肉体的精神的苦痛が伴う。
・老…老いていくこと。体力、気力など全てが衰退していき自由が利かなくなる。
・病…様々な病気があり、痛みや苦しみに悩まされる。
・死…死ぬことへの恐怖、その先の不安。

 

生きて死ぬという、循環やバイオリズムは私たちが必ず持って生まれてくるものです。

その中には喜びはもちろん苦しみも用意されています。

 

その方がお話ししていたことは、この人生に用意された苦しみの中でアロマテラピーはどんなことに役に立つことができるのだろうかということです。

 

薬にはとてもすごい力がある。

苦しみを取り去る力があります。でも治せない病気もたくさんある。

そして副作用もある。

 

ではアロマテラピーは何ができるのか?

アロマにも薬理作用があると言われますが、それだけで病気を無くすことができるのか?と言うと答えはNOです。

 

私たちの人生には必ず苦しみが用意されているからこそ全ての四苦に「緩和ケア」「癒し」が必要なのです。

苦しみはあるけれど癒される、救われる瞬間があるから、私たちは希望を見出せるのではないでしょうか。

 

アロマテラピーやトリートメントは自然の優しい香り、温かい手で触れることで、人生の節々で癒し励まし、生きて死んでいくことに寄り添えるのです。

 

アロマテラピーやトリートメントの在り方を再度確認でき、深めていきたいと感じたお話しでした。

 

 

また代表の宮川明子先生がおっしゃいていた言葉もズドーンときたのでシェアします。

 

「人と比べることは自分を牢獄に入れる」

「お金を手に入れて、好きなことや物を手に入れることも牢獄を環境整備しただけにすぎない」

「本当の幸福は、人と比べることを捨てて、自分を生きること」

 

「好きなことしかしちゃいけない」

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

仕事に子育てに日々忙しい女性の体と心をアロマトリートメントで元気にhappyに♪をモットーに皆さんに施術をしています。

 

女性の人生はライフステージによってライフスタイルがどんどん変わっていく、だからこそ心と体が柔軟であることが大切なんだと。結婚、引越し、出産、子育てを経験(始まったばかり!)し、感じる日々です。

 

アロマトリートメント後、体と心のしんどさが和らいだ皆さんのホカホカの笑顔。同じ女性として、私も一緒に嬉しくなってしまいます♪

カテゴリー: その他. タグ: .
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ