神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロマ|眼科疾患(眼精疲労・視力低下・老眼・緑内障)頭痛・肩こり・腰痛
えんじゅ ホーム

膝痛の症例

膝痛の鍼灸治療<改善報告集>
★解説イラストは裸モデルを使用していますが、治療の際は患者着を着用します。
 

症例2

患者

男性 50代

来院

2017年10月

症状と来院理由

今まで膝を痛めたことがなっかたが、今年の春頃に突然右膝(お皿より上)に違和感を感じる。病院に行きレントゲンで膝の軟骨が減っていると診断を受ける。リハビリを6回ほど受けたが膝の状態は変わらない。次第に膝の痛みが強くなっていき、しゃがむ、走るの動作の時に痛みが強くなる。右膝をかばうせいか1か月前から左膝も痛みを感じ始め、左下腿外側に張りを感じる。同時に膝関節の可動域制限も現れ、しゃがむ際に膝を90度以上曲げられない。美容室で膝の話をしていたら、鍼が良いと聞き近くの当院に来院。

膝痛症例2

治療内容と経過

ハムストリングス、ふくらはぎの筋緊張が強いため、膝の裏が浮きベッドにつかない。活法を用いてハムストリングス、ふくらはぎの筋緊張を緩める。次に左腓骨筋の緊張が強いので腓骨の高さの調整を行う。この時点で来院時の膝の可動域では痛みがないが、大腿前面に痛みを感じるのでうつ伏せで施術。大腿後面の緊張が残っているため関連する腰のツボに鍼をして、膝裏の硬さを活法で緩める。施術後しゃがむ動作が楽になったため終了。

 

2診目:下腿外側のつっぱりが出なかった。以前よりは良いが膝の痛みを感じる。前回の施術に活法を2手追加。膝裏の緊張が目立つため腰に1本鍼をした。

 

3診目:仕事が忙しく、立つ時間が長かったので下腿外側に1度だけつっぱりを感じる。膝の痛みはそれほど感じない。膝の負担を減らすために仙骨の調整をした。

 

4診目:下腿外側のつっぱりを感じなくなる。右より左膝が違和感あるが、以前に比べれば良い。右腰、左膝裏に緊張があったため、右大腿後面と左腰に鍼をした。最後、屈伸時に痛みを感じるので仕上げに活法を行い、お尻がかかとに着くぐらいしゃがめるようになったため治療終了。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ・活法

殷門R 気海兪L

ロープ緩め アキレス腱引き オスグッドの調整 膝の空気抜き 腓骨上げ 仙骨上げ 

半月板入れ

まとめ

病院では膝の軟骨が原因とされていたが、膝の上下にある筋肉の筋緊張(特にハムストリングスや腓腹筋の緊張)が強かったことによる膝の痛みと考えた。活法を用いて膝周辺の筋緊張を緩めたことで、膝の曲げ伸ばしの可動域が拡がり、結果的に痛みも改善された。

症例1

患者

女性 60代

来院

2017年1月

症状と来院理由

20年前に変形性膝関節症と診断を受けたが、今まで特に膝で困ることはなかった。二ヶ月前、運動不足解消と思い自宅でエアロバイクを一生懸命こいでいた。その時は何も問題がなかった。次の日、パートのレジ仕事をしている時に、突然右膝(お皿の外・内側)に痛み。それから日に日に痛みが強くなり、足を引きずるまで症状が悪化。気がづけば二ヶ月が経過。自分で温めたり、他で膝の治療を受けたがあまり改善しなかった。近くに刺さない針治療する鍼灸院ができたので、不安を持ちつつ当施設へ来院。

治療内容と経過

実際に歩いてもらうと、右膝に痛みが出た。急な運動で招いた症状だが、体を診察すると舌の状態やお腹の硬さで肝(肝臓に関係が深い)と脾(消化器系に関係が深い)の働きが悪い。関連するツボに鍼をすると、反応点の痛みが消失。バランスを取るため左の肘に鍼をすると、膝を曲げるのが少し楽になる。一度歩いてもらうと全体的に痛んでいたのが、膝の内側だけに絞られてきた。うつ伏せで膝の内側に関連する背中のツボに鍼をすると、曲げた時の痛みが小さくなった。膝の痛みが軽減したので治療を終了した。歩いてもらうと、来院時に比べ足の引きずりが目立たなくなった。

2診目、前回に比べ3〜4割痛みが軽減。痛む部位が限局してきた。今回は大腿前面部の突っ張りが気になるので、関連する背中のツボに鍼をすると、突っ張りが弱くなった。歩行時の引きずる感じがほとんどなくなった。残り少ない痛みを取り除くため、現在も1〜2週間に一度通院中。

通院の間隔

1回目〜2回目 週に2回

3回目以降   1〜2週間に1回

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ

行間LR 曲沢L 曲池L 肝兪L 脾兪L 胃兪L 腎兪Lなど

まとめ

今回の膝痛は原因があったが、膝だけが悪いのではなく体全体でみると他にも原因になるところがある。今までは、なんともなかったが、連日のパート勤務や食生活での負担が積み重なり、膝痛が良くならなかったのだと思う。このような場合、膝だけに治療を加えても、根本的な原因にアプローチできていないので、良い結果が出ない。膝の痛み、内臓の働きを確認すると、弱っている部分(お腹やふくらはぎの硬さや痛みなど)が見えてくる。反応が強く出ているツボに鍼をすることで、すぐに変化が現れ、早期回復につながる。整形外科で膝の変形が原因と言われても、内臓の働きをよくし体の巡りを整えることで、回復する膝痛も少なくはない。

  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ
  • LINEから予約する
    LINEから予約する
  • 営業案内
    営業案内
  • 営業日カレンダー
    2018年4月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293012345
    « 2018年5月»
    293012345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    272829303112
    • 休業日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【神奈川県】
    葉山町 逗子市 横浜市 鎌倉市 藤沢市 横須賀市 三浦市 【東京都】
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り
  • 鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

Twitter