神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロマ|眼科疾患(眼精疲労・視力低下・老眼・緑内障)頭痛・肩こり・腰痛
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

鍼灸治療の効果的な通院頻度は?何回くらい通えば結果が出る?

" 鍼灸 "

2018年4月20日

こんにちは、はり灸アロマえんじゅの武田豪快です。

 

患者さんから、どのくらい通えばいいですか?治りますか?と聞かれることがあります。

今回は理想の通院頻度についてお話しします。

 

えんじゅでは大きく4つに分けています。

強い痛みの場合(ギックリ腰・寝違えなど)

ギックリ腰や寝違えなど、動けない・痛みが強い症状で来院された場合、週に2〜3回が通院の目安です。

回数を詰めてもらうわけは、早く仕事や家事に復帰できるようになるためです。

症状や身体の状態によりますが、2〜3週間前後で痛みを改善するよう目指します。

 

慢性的に辛い場合(肩こり・腰痛・頭痛・冷え性など)

辛い症状が現れてから期間が長い場合、週に1〜2回が通院の目安です。

目安として

・日常生活で困るほどではないけど辛い時は週に1回

・痛みや辛い頻度が多い場合は週に2回

症状や身体の状態によりますが、2〜3ヶ月で不調を改善するよう目指します。

状態・症状が落ち着いていてきたら、10日に1回→2週に1回と徐々に通院間隔をあけていきます。

 

今の状態を維持したい場合(メンテナンス)

日常の疲れは感じるけど痛みや悩みがほとんどない場合、月に1〜2回が通院の目安です。

不調にならないよう今の状態を維持することが目的です。いわゆる身体のメンテナンスです。

疲れにくい身体、今よりいい状態を目指したい方は週に2回をオススメしています。

忙しい方で月に1回しか通院できない場合、アロマトリートメントやプハンなどを組みわせ、1度の施術時間を長めにすることをオススメしています。

 

目の治療(視力回復)

小児の視力回復の治療は10回までは週に3〜4回が通院の目安です。回復具合をみて徐々に間隔をあけていきます。しかし、現実的に今の子供達は習い事で忙しいため週に2回の子が多いです。

 

 

4つに分類しましたが、あくまで目安なので来院された際にお身体の状態や、その方がどうなりたいかによって通院頻度を提案します。

 

以上、理想の通院頻度でした。

 

 

 

この記事を書いた人
カテゴリー: 鍼灸.
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ