神奈川県葉山町・逗子市の鍼灸院|整体・アロマ|眼科疾患(眼精疲労・視力低下・老眼・緑内障)頭痛・肩こり・腰痛
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

鍼灸が初めての方へ(1)

" 鍼灸 "

2017年1月20日

鍼灸院で治療するのが初めての方のためによくある質問に2回に分けて答えていきます。
 
その前に鍼灸←「しんきゅう」もしくは「はりきゅう」と読みます。
針灸と想像する方が多かったのではないでしょうか?
 
私の経験談ですが、職業はなんですかと尋ねられ、「鍼灸師」ですと答えるとかなりの確率でなんのお仕事ですか?
と聞き返されます。
認知度が低いってことですね。
 
鍼灸は痛い、熱い、怖い、怪しいなどマイナスなイメージが多いですよね。
皆さんは鍼灸に対してどんなイメージをお持ちですか?
 
前置きが長くなりましたがそれでは1つずつ解説していきます。
 

どんな症状に効くのか?

鍼灸の効果は幅広く様々な症状に対応することができます。
鍼灸院によって得意な疾患・症状があります。
当院では「小児視力回復・目の疾患」とその関連症状を力を入れています。
もちろん腰痛や肩こりなども対応いたします。
病院で科が分かれているように全て得意です!という治療院はないと思いますので、ご自身のお困りの症状に合わせて鍼灸院を探すといいでしょう。
 

鍼は痛い?

ハリと聞くと皆さん想像するのが注射針だと思います。しかし注射針をあちこち刺されてたら体が持ちません…
一般的に使用されているハリは0.12〜0.20ミリ程のハリです。
当施設で使用しているハリは0.12mmです。
 
どのくらいの太さかというと細いハリは髪の毛と変わらないです。
太さ一覧
・注射針4mm
・爪楊枝2mm
・髪の毛0.1mm
・蚊の針0.08mm

当院で使用する道具

緑の柄がついてる鍼と1円玉の間にある皮内鍼と呼ばれる小さなハリを使用しています。
緑の柄のハリと皮内鍼は太さは同じで0.12mmです。
これを刺さずにツボに置きテープで固定しますので痛みを感じません。
もう一枚の写真は王不留行です。漢方のタネでこちらも同じようにツボに貼ります。
刺さないので痛みを感じません。
興味あるけどハリが怖い、過敏体質、小児の方々にも安心して受けていただけます。
 

刺さないのになぜ効くの?

「ツボに小さい鍼や漢方の種を貼るだけで、どうして効果があるのか?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、人間の体はもともとたった1つの細胞から細胞分裂し37兆個の細胞で体は出来上がっています。脳と皮膚は同じ外胚葉で、皮膚は「第三の脳」とも呼ばれ、皮膚に刺激をすると脳にも影響をおよぼすものと考えられています。つまり、ツボに小さい鍼や漢方の種を貼って刺激を与えることは、脳に直接刺激を与えているのと同じであると言えます。ツボは皮膚上にあり、経絡(内臓に繋がる流れ)を介して、臓腑(内臓)を動かします。臓腑(内臓)機能が改善すると代謝が良くなり自然治癒力が働き、症状が改善します。他に治療法のない病気にも充分対応できるものです。
 
つづく…

 

この記事を書いた人

21歳の時に、はり師・きゅう師資格取得

4年間神奈川の整骨院や鍼灸院で勤務した後、北海道にある鍼灸専門の治療院で修行。

修行の傍ら、パートナーと出会い2人でお店をすると決め神奈川に戻ってくる。

2017年1月に、はりきゅうアロマえんじゅをオープン。

 

鍼灸だけでなく整体や呼吸にも興味を持ち、毎月勉強会に参加中。

カテゴリー: 鍼灸. タグ: , .
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ