神奈川県葉山町・逗子駅の鍼灸・整体・アロマ|眼科疾患(眼精疲労・視力低下・老眼・緑内障)頭痛・肩こり・腰痛
えんじゅ ホーム
オフィシャルブログ

「身体は完璧」

" セミナー, アロマ "

2017年12月27日

みなさん、こんにちは。

ラビング・タッチ スクール& サロンの大田雅子さんによるロッキングという手技のワークショップに参加してきました。

 

ロッキングとは全身の206個の骨をゆらゆらと揺らすことで、筋肉をゆるゆるにして、骨が筋肉のなかに無駄な圧や抵抗を受けずに、浮いている状態にするものです。

浮いている状態というのは、身体にとって心地よい、自然な状態です。

 

ロッキングはとても不思議。

例えば、足の骨を揺らしながら腹部や胸骨、上半身までアプローチができるのです。

全然違う身体の部位なのに、、

何故かというと骨は全て繋がっているから!

ロッキングを受け、ゆらゆら揺れてと身体の緊張が少しづつ解けて自分が水の入った袋になったみたい。

私たち人間は70%は水でできているからねと大田さんに言われ納得です。

 

 

ロッキングは無理な圧をかけません、優しく骨や筋肉にトントンとノックし、動きの幅を広げていきます。

強すぎる圧は逆に身体の緊張を強めてしまいます。

優しく働きかける事で、身体は固く締めた鍵を一つづつ開け、緩んでいってくれるのです。

 

 

肩や腰が慢性的に痛い、骨の歪みなど‥なぜ身体が不自然な状態になってしまうのでしょうか?

それは、自分自身の潜在意識が身体の動き(骨や筋肉など)を制限しているからかもしれません。

もっとリラックスしたいと思って(意識)いても、潜在意識は我慢してもっと頑張るべきと無意識が働いていることもあります。

そうすると、身体に無駄な力みができて呼吸が浅くなります。身体の中では、鎖骨や肩甲骨がせり上がり、首や肩、胸の筋肉が収縮していく…そして「肩が痛い」となってしまいすね。

 

 

『身体はいつも完璧、硬い身体なんてない。』

私たちの心のロックが身体(骨や筋肉)の動きに制限をかけているだけと大田さんの言葉が腑に落ちました。

 

私たちの身体はいつも完璧で、いろんな環境に合わせて変化していく。そして時には頑張りすぎてしまって制限をかけてしまう。

でも大丈夫です。制限をかけた不自然さを感じられたらしめたもの。

心地よい自然な状態にしたら良いのですから!

 

それにはロッキングはもちろん、鍼灸やアロマトリートメント、食事療法など、様々な方法があるかと思います。それらは、身体に気づきを与え心身の調和を促すアプローチです。

 

 

ゆらゆらと揺れたり、ブレたりしながらも自分の心地よい場所に戻っていく。だって私たちの身体はちゃんと知っているから。

そんな自然な状態に戻るきっかけを作ることがセラピストの仕事なんだと、身体で感じた1日でした。

そして、自分自身の心身とももっと向き合いたいなとも思いました。

いつも素晴らしいメッセージを身体を通して伝えて下さる大田さんに感謝です。

この記事を書いた人
カテゴリー: セミナー, アロマ.
  • 046-874-9602
  • 地図
  • お問い合わせ
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り
Twitter